パワハラは人を死へ追い込む

上司のパワハラにより30才の部下が自殺するという事件がありました。

精神をやられて休職者続出の現場

このパワハラ上司のいた現場では休職者が続出していたにもかかわらず、現場ではパワハラ認定はされず、当人の部署移動で問題の収束が計られました。

当然、この対応でパワハラが無くなる訳もなく、パワハラ上司が移った新しい職場で今回の被害者が自殺という悲劇が起きました。

パワハラは耐えても解決しない

もしあなたがパワハラを受けていて苦しんでいるのなら、こちらの解決方法が役に立てば幸いです。
パワハラ上司が職場から消えることも。